売れないマンション3選を売却する方法!【失敗しない売却方法のまとめ】

売れないマンションの売り方
スポンサーリンク

誰もが欲しがるようなマンションを、相場価格で売り出すなら問題ない。

  1. 一般媒介契約
  2. 専任媒介契約
  3. 専属専任媒介契約

いずれを選んだとしても、売却は難しくない。

売れないのはどんなマンション?


そんな時は


どうやって売却すればいいの?

そんな疑問を解消します。

専任・専属専任の方が、おすすめなケースもある

  1. 条件が良くないマンションのとき
  2. 短期間で売りたいとき
  3. 忙しくて時間を掛けられないとき

こんな内容を知ってスッキリしよう。

マンションを安値で手放してしまう。

そんな失敗をしないコツは、難しく無い。

スポンサーリンク

売れないマンション3選、それを売る方法

売れないマンション3選、それを売る方法


人気のマンションなら、一般媒介で広く買い手を探した方が、

高値を付ける買手が見つかり易い。

仲介会社も、早期成約が見込める物件です。

例え一般媒介で他社と競争になるとしても、その気になってくれます。

単純に分母を増やした方が、成約の確率は高くなります。


けれど、そんな条件の良いケースばかりではない。

売れないマンションは

信頼できる仲介会社と

専任・専属専任媒介契約を結んだ方がいい

他社に横取りされる懸念を無くし、

宣伝費を掛けてもムダにならない状況を作らないと、

十分な宣伝がなされずに他の物件に埋もれてしまう。

そもそも、販売活動を行っているかも疑問となると、

仲介会社との信頼関係が築けない。


専任・専属専任で売却の方がおすすめな、売れないケースはこの3つ。

  1. 条件が良くないマンションのとき
  2. 短期間で売りたいとき
  3. 忙しくて時間を掛けられないとき

1.条件が良くないマンション

条件が良くないマンション


中古マンションの購入で買い手が気になるのはこの3点。

当てはまるなら、仲介会社とじっくり戦略を練らないと、素直には売れない。

  1. 交通の便
  2. 周辺環境
  3. マンション自体

交通の便が良くないマンション

最寄り駅から徒歩圏内で無い。

自転車・バスなどを使わないと通えない立地のマンションは、厳しい。

車通勤の人やリタイヤ後の人などにアピールした方が良いけれど、ニーズが限定されてしまう。

周辺環境が良くないマンション

  • 嫌悪施設が近くにある
  • スーパー、病院が近くに無い
  • 騒がしい
  • 街灯が無い

マンションのある街自体に、魅力があるか?

便利設備が近隣にあれば、暮し易い。けれど、どこに行くにも車が必要だと苦しい。

マンション自体の魅力が薄い

マンション自体の魅力が薄い
  • 築年数が古い
  • 管理状態が悪い
  • 自主管理

部屋の中は、リフォームで好みに出来るけど、共用部は自由にならない。

大規模修繕や日々の清掃が適切になされていることが大事です。

共用部がキレイだと、ポイントが高い。


けれど、駐輪場やゴミ置き場が乱雑だったり、建物の老朽化が目につくと苦しい。

内覧で、部屋に行く前に購買意欲が萎んでしまう。

2.短期間で売りたいとき

短期間で売りたいとき
  • 遺産のマンションを分配したい
  • 現金が急ぎ必要になった
  • 急な転勤で帰る見込みがない

理由はさまざまだけれど、マンションを急いで現金化する状況もある。

そんな時は、ゆっくり買い手が現れるのを待っている時間は無い。

不動産会社に買い取ってもらうのも1つの手段です。

買取の場合、仲介手数料の3%は不要です。

しかし、売却価格は市場価格の80%程度になることが多い。

買取ったマンションが売れないキャッシュフローリスクを含むためです。

買取は最後の手段にする

まずは信頼できる仲介会社と専任・専属専任媒介契約を結んだ方がいい

専任・専属専任媒介契約により、宣伝費を投下し易くしたほうが仲介会社は営業し易い。

仲介による売買成立により、市場価格に近い金額での成約を目指したい。

仲介会社の営業力を自分のマンション売却に注いで欲しい時は、

専任・専属専任媒介契約が望ましい。

3.忙しくて時間を掛けられないとき

忙しくて時間を掛けられないとき

一般媒介契約は、売主が各社をコントロールするので、手間がかかります。


契約した複数の仲介会社を同一条件で扱わないといけない。

例えば売主が、それぞれの仲介会社に異なった売り出し価格を伝えるとします。

すると、複数の売り出し価格が存在することになり訳が分からない。

一般媒介では、

細かな情報も各社に均等に伝え、

同一条件か管理するのは売主の仕事です

売主が、それなりの時間を費やさなければうまく回らない

2社なら何とかなるとしても、3社以上になると回しきれなくなってくる。

フルタイムで働いていると、対応は難しい。


一方、専任・専属専任媒介は基本的には仲介会社主導で進めます。

売主は進捗報告を定期的に受ければ良いだけ。

多忙な人には、専任・専属専任媒介を選んだ方が良い。

スポンサーリンク

売れないマンション3選を売却する方法 まとめ

売れないマンション3選を売却する方法 まとめ

築浅、駅近くなど条件がいいマンションは、一般媒介で広く募集した方が成約しやすい。

けれど、条件が良くなかったり、急いでいるときなどは、

仲介会社の営業力がモノをいう。

仲介会社が宣伝費を投入しやすい『専任・専属専任媒介』契約を結び、担当者の活躍を期待したい。


もちろん、信頼できる仲介会社でないと話にならない。

両手にしたいため囲い込まれたら、たまらない。


信頼できる仲介会社と巡り合うには、

やはり多くの仲介会社に逢って人となりを見るしかない

ネットの情報だけでは、信頼できるかわかりません

実際に対面してみないと、自分に合う人柄なのか、熱意を持った人なのかはわかりません。

いろいろな仲介会社と知り合うには、マンション一括査定サイトが早い。

査定をきっかけに、実際に人となりを見て、自分に合う人を探そう。

条件の良くないマンションこそ、営業力があり、信頼できる仲介会社の力に頼ろう。

併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました